キャリア教育プログラム

キャリア科目情報の取得方法

修士課程学生向けキャリア教育プログラム

修士課程の学生は、修了までに次に示すGraduate Attributes(GA)を原則としてすべて修得するように、コースが定める単位のキャリア科目を修得して下さい。これらのGAを修得するためのキャリア科目として、各コースが開講する科目の他にIIDPでは下記の400番台、500番台の科目を用意しています。コースの修了要件にしたがって適切に履修して下さい。

修士課程GA

修士課程GA 表M1

IIDP設定 修士課程キャリア科目(最新情報は必ずOCW/OCW-iでご確認ください)

修士IIDP設定キャリア科目

修士IIDP設定キャリア科目

修士IIDP設定キャリア科目

博士後期課程IIDP設定キャリア科目


博士後期課程学生向けキャリア教育プログラム

リーディング大学院教育課程以外の全ての博士後期課程の学生は、自らのキャリアプランに応じてアカデミックリーダー教育院又はプロダクティブリーダー教育院のいずれかを選択し、その選択に応じて修了までに次のGraduate Attributes(GA)を原則としてすべて満たし、コースで定める単位のキャリア科目を修得して下さい。(教育院の選択については、博士後期課程入学から6カ月を経過した時期に、別途登録の連絡があります)。
GAを修得するための科目として、各コースが開講する科目の他、IIDPが開講する600番台のキャリア科目が用意されています。GAの修得状況については修了時に各コースで判定しますので、コースの修了要件にしたがって適切に履修して下さい。

アカデミックリーダー教育院(ALP)所属学生に求められるGraduate Attributes

A0D:
自らのキャリアプランを明確に描き、アカデミアの分野でその実現に必要な能力を自己修習できる
A1D:
現象の本質を見極め、学問の奥義を究めて、新たな学問領域・研究領域の開拓をリードできる
A2D:
社会における学術の位置づけを理解し、ステークホルダーたる社会の構成員に学術の進展を適切に説明できる
A3D:
教育機関等において、学術に興味を持たせ、新たな学問領域・研究領域の開拓を担う後継を育成できる

プロダクティブリーダー教育院(PLP)所属学生に求められるGraduate Attributes

P0D:
自らのキャリアプランを明確に描き、産業界等でその実現に必要な能力を自己修習できる
P1D:
社会のニーズを的確に捉えて課題を見出し、将来の科学技術の発展をリードできる
P2D:
異なる専門性・価値観を有するメンバーからなるチームを率いて、社会に新たな価値を生み出すもの・ことを創造できる
P3D:
プロジェクトを通して次世代の社会や産業の発展を担う後継を育成できる

Graduate Attributesと科目の対応表

アカデミックリーダー教育院(ALP)

アカデミックリーダー教育院 Graduate Attributesと科目の対応表

プロダクティブリーダー教育院(PLP)

プロダクティブリーダー教育院 Graduate Attributesと科目の対応表

IIDP設定 博士後期課程キャリア科目(最新情報は必ずOCW/OCW-iでご確認ください)

博士後期課程IIDP設定キャリア科目

博士後期課程IIDP設定キャリア科目

博士後期課程IIDP設定キャリア科目

技術経営専門職学位課程主催キャリア科目*

*同課程所属学生以外の方も履修「申請」可能ですが、履修「認可」は同課程所属学生優先の上、決定されます。科目スケジュール、履修可否は教務にてご確認下さい。

技術経営専門職学位課程主催キャリア科目

技術経営専門職学位課程主催キャリア科目

技術経営専門職学位課程主催キャリア科目

技術経営専門職学位課程主催キャリア科目

技術経営専門職学位課程主催キャリア科目

企業交流プログラム

フュージョンプロジェクト研究発表ではない。自己アピールである。

フュージョンプロジェクト

企業の方を招いて行われるプレゼンテーション

就職・インターンシップ受入れに積極的な企業を招きポスターセッションやセルフプレゼンテーションを通じて、参加される企業の方へ、研究内容だけでなく、参加者自身をアピールします。

企業研究者や技術者、人事の方との情報交換やディスカッションの場としても活用することができ、実際に“企業の視点”から自身の研究テーマを評価してもらうことで、企業における研究開発との接点を探ることができます。

企業関係者との強力はパイプ作り、インターンシップやその先のキャリアへ直結する貴重な機会です。

●参加企業例
旭化成、三洋電機、凸版印刷、村田製作所、カネカ、富士フイルム、アジレント・テクノロジー、デンソー、コマツ、新日本石油、三菱マテリアル、JFEスチール、ヒューレット・パッカード、ブラザー 等多数

ドクターズ キャリア フォーラムイメージではない。自分を活かす商談である

個別ブース形式で企業情報の収集が出来るイベント

企業における研究活動の実態や業務内容、一般には知られていない有力なビジネス領域等、他では得られにくい実践的な情報、インターンシップへのきっかけ作りの場として活用できます。

個別ブースで直接企業の方と交流するだけでなく、全体プレゼンテーションで、その企業が求める人物像等包括的情報収集ができます。