H29年度「ALP研修Ⅰ」「ALP研修Ⅱ」募集について

2017.03.29

ALP研修Ⅰ(ティーチング)

29年度「ALP研修Ⅰ」履修の流れ.docx

English_H29年度ALP研修Ⅰ(TA研修)募集要項.doc
H29年度「ALP研修Ⅰ」申請書.docx
English ALP研修Ⅰ履修の流れ20170401.docx
H29年度「ALP研修Ⅰ」申請書 日英.docx

 

【概要】

アカデミックリーダー教育院の研修科目として、後進にたいして学術に興味を 持たせるための教授法・スキルを身につける。 そのために学部あるいは修士課程の演習・実験・実習等科目においてTAとして 実践研修を行う。尚、本研修におけるTAの実施にあたって、TAの募集、選定、科目への割り付け などは、従来通り、該当科目の専攻・コース等に担当していただきます。その際に、 TAの授業科目として行う部分と業務として行う(給与を支払う)部分を明確に 区別する必要があります。1人の学生が15コマ(30時間)分のTAをする場合、 半分(15時間)が授業科目、残りの半分が業務部分となります。授業科目部分については、給与を支払うことができません。業務部分については、 通常と同様にTAとしての雇用契約をして、給与を支払います。ただし、通常のTA業務内容より高度な業務を課したり、学生から専攻・コース等への 報告として、講義内容の分析や提案などの事項も盛り込むことで、本研修科目に 該当しないTA業務よりも高い給与(単価)設定をすることができます。また、給与対象となるTA業務部分については、当機構より該当専攻・コース等に給与分 を振替補助いたします。(詳細は添付資料参照) 

ALP研修Ⅱ(海外研修)

29年度「ALP研修Ⅱ」履修の流れ.docx

English_H29年度ALP研修Ⅱ(海外研修)募集要項.doc

H29年度「ALP研修Ⅱ」申請書.docx

English ALP研修2 履修の流れ20170401.docx

 

【概要】

アカデミックリーダー教育院(ALP)の研修科目として、研究の国際化に伴う様々 な国際共同研究等の実地研修を行う。 指導教員の指導のもと、国外の大学・研究機関等で2週間以上の研究実践研修を 行うことにより1単位を認める。 研修に国際会議、スクール等への参加を含めても良い。 「ALP研修Ⅱ(海外研修)」研修費用の一部(上限20万円)を 本機構から専攻・コース等に振替補助をいたします。研修補助費は、添付資料内の別表に沿って 申請をお願いいたします。 (詳細は添付資料参照) 

---------------------- 

【申請書提出先】: 

IIDP事務局(大岡山南6号館406号室) 
メールアドレス:iidpinfo@jim.titech.ac.jp,学内便:S6-1